犬神凶子(唄)

犬神凶子(唄)

・7月12日生まれ
・O型

犬神 明(毒鼓)

犬神 明(毒鼓)

・12月27日生まれ
・B型

歴史
1994年
12月、マンガ雑誌「ガロ」の文通欄を通じて「犬神サーカス団!」がスタート。
1995年
8月、初の興行。
12月、テレビ朝日「えびす温泉」に出演。チャンピオンとして3週勝ち抜き。
1996年
3月、詩集「老婆の処女膜」出版。
8月、下北沢CLUB251にて初の単独興行。凶子と情次2号によるフォーク・デュオ「情凶劇場」(後に「赤猫」と改名)結成。
1997年
1月、自主制作による初の音源(アルバム)「御霊前」を発表。
4月、単独興行で組曲「蛇神姫」を上演。
8月、単独興行で組曲「ロック浪曲・女殺火箸地獄」を上演。
11月、メンバーチェンジで情次1号・龍之介・蛍の3人が脱退しジン加入。バンド名を「犬神サーカス団」として活動再開。
1998年
2月、新編成での初興行を渋谷ラママにて行う。
8月、「夏期限定特別興行」と題し「ロック組曲・夜が終わっちまう前に…」を発表。また同名のビデオも発表。
12月、単独興行「自らのペニスを切りとって、母親の子宮にねじこめろ!」でゲストに遠藤ミチロウ氏を招き、来場者全員にビデオ「覘キ絡繰狂犬芝居」を配付。
1999年
4月、「寺山修司十七回忌興行・結束在黒夜」と題し単独興行。元天井桟敷の昭和精吾氏と寺山作品の「仮面劇・犬神」を上演。
7月、「時代はサーカスの象にのって(渋谷ジァン・ジァン)」に全員役者として参加。
9月、アルバム「地獄の子守唄」をFLESHレーベルより発表。ジャケット画の日野日出志氏をゲストに招いてレコ発記念単独興行。
12月、「仮面劇・犬神(渋谷ジァン・ジァン)」に参加。 この年に公式ファンクラブ「狂犬倶楽部」発足。
2000年
5月、「寺山修司十七回忌興行・結束在黒夜2」と題し単独興行、「仮面劇・犬神」を再演。
6月、 アースシェイカーのMARCYプロデュースで「蛇神姫」を発表。
8月、グルグル映畫館との共同制作音源「赤い蛇」を発表。
12月、 ミニアルバム「赤猫」を発表する。
2001年
1月、「スターリン」のトリビュート盤「365:A TRIBUTE TO STALIN」に「STOP JAP」で参加。
5月、 シングル「人工妊娠中絶」を発表し初の全国巡業を実施。
9月、70年代フォークのカバーを集めたオムニバス「フォーエバー・ヤング」に「竹田の子守唄」で参加。
12月、アルバム「暗黒残酷劇場」を発表する。
2002年
1月、 渋谷ON AIR WESTにて単独興行「血まみれ内臓ロックンロールショー」を実施。
7月、アルバム「怪談 首つりの森」を発表。
9月、「犬神サーカス団の爆走All Night Long!!」と題し、全国5か所で単独興行を行なう。
2003年
6月、3ヶ月連続で発表したシングルDVDの楽曲を収録したコンセプトアルバム「神の犬」を発表。「犬神サーカス団のロックンロールファイヤー」と題した東名阪ツアーでコンセプトアルバムを再現。
8月、シングル「最後のアイドル」を発表。6月のツアーファイナルの映像をDVDにて収録。
10月、TBS系「うたばん」に不定期に出演、瞬間最高視聴率を獲得するなど数々の伝説をひっさげ「命みぢかし恋せよ人類!」でzetimaよりメジャーデビュー。
2004年
4月、シングル「最初の扉」発表。
5月、ベスト盤「グレイテスト・ヒッツ」発表。
6月、PV集DVD「切腹」発表。「もう戻れない2004」と題した単独興行巡業を実施。
12月、マキシシングル「都合のいい女・ほんとにほんとに御苦労さん」を発表。「ほんとに~」はザ・ドリフターズのカバー。
2005年
4月、 アルバム「スケ番ロック」を発表。それに伴って3~7月に「巡業2005 スケ番ロック・パーティー」を実施。全国47公演、3ヶ月のロング・ツアー。
2006年
2月、 アルバム「形而上のエロス」をリリース。5~6月に同名のワンマンツアーを全国10箇所で実施。
7月、所属事務所より独立しセルフマネージメント事務所「オフィス・キンメダイ」を設立。犬神明右肘骨折。
8月、特殊メイク界の巨匠スクリーミング・マッド・ジョージ氏とコラボレーション興行「怪談!百物語」を実施。
11月、ミニアルバム「待ちわびた日~形而上のエロス外伝」を発表、全国8か所の巡業「自殺のススメ」実施。
2007年
2月、犬神明肋骨骨折。
6月、ハイテクノロジースーサイドのトリビュート盤「HAVE A NICE DIE!!」に参加。
7月、グルグル映畫館とのコラボレーションアルバム「凶子の『恐怖の深夜ラヂヲ』」をリリース、東名阪でコラボツアー。
8月、「犬神サマー・オブ・ラヴ2007」と題し12月までに5ヶ月連続でシングルリリース、16都市23公演の全国ツアーを実施。なお途中の9月に犬神明右足骨折。
2008年
2月、ミニアルバム「呪恋」発表。スクリーミング・マッド・ジョージ監督による「光と影のトッカータ」PVを収録、ジャケット画は丸尾末広。別名義バンド「Angelique」のシングル「翼」も同時リリースし、4~5月にかけてワンマンツアー9公演。
9月、Gargoyle・test-noと「黒帯ロッカーズ」ツアー。
11月、久々のコンセプトアルバム「夜行列車極楽行」を発表し、アルバムの世界観を再現するワンマンツアーを10公演実施。
2009年
1~3月にかけてギルガメッシュの全都道府県ツアーに11本ゲスト参加。
4月、結成15周年記念フォトブック「されど闇の深さを知る」発売を記念して東名阪ワンマンツアー。4~6月にかけて、同じく結成15周年のARESZと共に記念ツアー全国15箇所。
10月、2枚組ベストアルバム「籠の鳥、天空を知らず」を全曲新録でリリース、発売記念ワンマンツアー全国9箇所。
2010年
4月、初の自主企画ツアー「暗黒奇譚クラブ」全国9公演。5月、ミニアルバム「セタカムイ」をリリース。
6月、米国テキサス州ダラスにて初の海外公演、聖飢魔Ⅱとの対バンで約3000人を動員。
8月、シングル「DEAD END KIDS」をリリース。KIBA(Gargoyle)がPV監督を手がける。
9月、Gargoyle・test-noらと「黒帯ロッカーズ2010」ツアー。
12月、アルバム「ビバ!アメリカ」をリリース、発売記念ワンマンツアー全国9箇所。
2011年
4月、9GOATS BLACK OUTとカップリングツアー「犬の頭と黒山羊スープ」全国8公演。
8月、シングル「桜散る中」を発表。
10月、ミニアルバム「死ぬまでROCK!」をリリースしワンマンツアー全国7箇所8公演。前年リリースの「ビバ!アメリカ」より「生霊」が映画「ヘルドライバー」の主題歌に。舞台「斬激 ZANGEKI~spirits of fire」の挿入歌に多数使用される。また、舞台「少女椿」の主題歌に新曲「運命のカルマ」を提供。
12月、「死ぬまでROCK!」ツアーファイナルにおいて「2012年秋から、より叙情的で過激でアングラな和風バンド『犬神サアカス團』として活動していく」事を発表。
2012年
6月、V-ROCKカヴァーコンピ「CRUSH!-90’s V-Rock best hit cover songs-」第3弾に「Rusty Nail(X JAPAN)」のカバーで参加。
10月、アルバム「恐山」を発表し『犬神サアカス團』へと改名。発売記念ワンマンツアー(全国8か所)初日より犬神サアカス團名義での活動を開始する。
2013年
4月、収録時間約20分のシングル「春来たる鬼」を会場限定販売で発表。発売記念ワンマンツアー全国7か所。
6月、不定期ワンマンシリーズ「青少年のためのアングラ入門」をスタート。9月までに東名阪で5公演。
10月、アルバム「不確定性原理の悪夢」発表。発売記念ワンマンツアー全国8か所。
12月、「不確定性原理の悪夢」ツアーファイナルにて、凶子の病気治療のため2014年7月12日以降一時的に活動を休止することを発表。
2014年
5月、結成20周年記念として、キンメダイ・レコード設立以降のシングル曲で構成されたベスト盤「青少年のための犬神入門」を発表。東名阪札の2デイズを軸に全国6箇所10公演のワンマンツアー「祝20周年!犬神まつり」を開催。
7月、ツアーファイナルとして、ゲストに人間椅子、J・A・シーザー、大槻ケンヂらを迎え渋谷O-EASTにて「祝20周年!犬神まつり千秋楽」を開催、このライヴをもって犬神サアカス團は一時的に活動休止。
9月、情次2号・ジン・明の3人によるユニット「犬神サアカス團Z」始動。2曲入りCD-Rシリーズ「Z-1」〜「Z-4」を立て続けに発表する。
12月、フルアルバム「玉椿姫」をリリース。7月の「犬神まつり」の映像を収録したDVDと2枚組。
2015年
4月、「凶子復帰!比丘尼遊行2015」と題したワンマンツアー実施。犬神サアカス團としての活動を再開。
10月、恵比寿ザ・ガーデンホールにて開催された寺山修司生誕80周年記念音楽祭「冥土への手紙」に参加。アルバム「ここから何かが始まる」発表。
11月、「ここから何かが始まる」発売記念ワンマンツアー(6箇所7公演)実施。
2016年
4月、犬神サアカス團による全面プロデュースによる新人アーティスト「魔将軍チャッキー」のアルバム「Change The World」を発表。ワンマンツアー「青少年のためのアングラ入門」にも同行。
6月、「ショートプレミアム興行」と題し、過去のアルバムを再現するワンマンライヴを企画。「スケ番ロック」「暗黒残酷劇場」「形而上のエロス」の3本を実施。
8月、声優の中村桜さんによる軍歌アレンジCDシリーズ第4弾「Sakura Neo Military Songs4」にアレンジ・演奏等で参加。「座・犬神サアカス團」と題した着席スタイルのワンマンツアー(東名阪)を実施。
10月、現役バンドマンによる犬神サアカス團のカバー大会「犬フェス」を高田馬場CLUB PHASEにて開催。
11月、フルアルバム「黄金郷」を発表し、2017年の年始にかけて発売記念ワンマンツアーを実施。
2017年
4月、ワンマンツアー「犬神サアカス團の騒乱!混乱!大狂乱」を実施。
6月、「ショートプレミアム興行」で「怪談!首つりの森」「地獄の子守唄」の2本を実施。
8月、「座・犬神サアカス團」と題した着席スタイルのワンマンライヴを実施。
10月、犬神サアカス團のコピーバンド大会「犬フェス」を高田馬場CLUB PHASEにて開催。フルアルバム「新宿ゴーゴー」を発表し、発売記念ワンマンツアーを実施。
2018年
3月、「ショートプレミアム興行」を名古屋・大阪で開催。
4月、ワンマンツアー「ゴーゴー!ゴールデンウィーク!」を実施。
6月、「ショートプレミアム興行」で「サマー・オブ・ラヴ2007」「蛇神姫」の2本を実施。
8月、ワンマンライヴ「座・犬神サアカス團」を実施。
9月、フルアルバム「東京2060」を発表し、発売記念ワンマンツアーを実施。
2019年
3月〜4月、「名盤プレイバックGIG」と題しミニアルバム2枚(「呪恋+赤猫」と「セタカムイ+待ちわびた日」)を再現するワンマンライヴを実施。
5月、着席スタイルのワンマンライヴ「座・犬神サアカス團」を実施。
6月、ベスト盤「グレイテスト・ヒッツ -GOLD-」を発表。ワンマンツアー「祝25周年!犬神まつり -GOLD-」を8月まで開催。
10月、豪華現役アーティストによる犬神サアカス團のカバー大会「犬フェス -GOLD-」をSHIBUYA O-WESTにて開催。
12月、情次2号(六弦)とジン(四弦)が脱退して凶子・明の2人体制に。